税金を支払ってマイルを貯める方法

ここでは税金を払ってマイルを貯める方法を紹介していきます。

私達が払っている税金は主に、

  • 所得税
  • 住民税
  • 健康保険料
  • 年金

車を持っている人は、

  • 自動車税

不動産を持っている人は、

  • 固定資産税

を支払う必要がありますね。

『税金はできれば払いたくない』

というのが殆どの方の気持ちなのではないでしょうか?

特に所得税/住民税/健康保険料に関しては、
高額所得者の方ほど、『えっ、こんなに払うの?』
と溜息をつかれているのではないかと思います。

年間1,000万円以上支払う方もいらっしゃるでしょう。

こういった税金は、通常は納付書で現金払いしますよね。

でも、これがクレジットカードで支払えるとしたら?
しかも、マイルが貯まりやいクレジットカードで支払えるとしたら?

どうでしょうか。

仮に年間1,000万円の税金をクレジットカードで
支払った場合、最もマイルの還元率が高いカードで
支払うと、
20万マイルを貯めることができます。

20万マイルあれば、
エコノミークラスであれば年間3回、
ビジネスクラスであれば年間2回、
世界一周旅行に行くことができます。

しかも、毎月の支出を増やすことなく、
今まで当たり前のように支払っていた税金を、
現金払いからカード払いに変えるだけで、
こういったことができてしまうのです。

そう考えることができれば、
税金を払うのも気持ちよくなりませんか?

さて、あなたが今年払った税金の額を
思い出してみてください。

その額について、1%?2%のマイルを貯められるとすると、
どのぐらいの潜在的利益が得られるかを
考えてみてください。
(ちなみに、1マイル=2.5円で計算してくださいね。)

こういったことは、
ノウハウを駆使すれば、
実現することができます。

ここで紹介するノウハウは、

  • マイルを貯める
  • マイルを使う

の両方において徹底的につきつめられたもの。

今回の税金の支払いノウハウは、
既に100万マイルをゲットしてしまった強者も出ています。。

ここまで言えば、このノウハウを使わない
理由はないと思います。

『マイレージ世界一周の旅』
約6ヶ月間かけて、
ゆっくりと世界一周。

<訪問国/都市一覧>
ドイツ・フランクフルト
ブルガリア・ソフィア
ポーランド・ワルシャワ(+リトアニア)
ベルギー・(ブリュッセル・ブルージュ、アントワープ)
フランス(パリ・ニース)
スペイン(バルセロナ・イビザ島)
イタリア(シチリア島)
カナダ(モントリオール・トロント)
ジャマイカ (モンテゴベイ・キングストン)
パナマ (パナマシティ)
キューバ(ハバナ)
ペルー(リマ・クスコ)
エクアドル(キト、グアヤキル)
ガラパコス諸島(バルタールアイランド)
グアテマラ (アンティーグア)
アメリカ(ロサンゼルス)

半年でこれだけの都市を訪問して、
なんと使用マイル数は208,000マイル。
しかも、全てビジネスクラスです。

「世界一周旅行なんてそんなに長い休暇なんて取れないよ」
という方でも、ハワイにファーストクラスで行くなんて言うのもいいですね。

ハワイだけではなく、小分けにして近くのアジア圏に何度も行くのもいいでしょう。

とにかく支払わなければならない税金ですので、これを支払ってマイルを貯めることができるので
やらない手はありません。

⇒ノウハウ詳細

楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA