類を見ない極上サービスが体感できるプレミアム系クレジットカード

ゴールドカードのさらに上をいき、カードのクラスでは最高峰とされるプレミアム系クレジットカードです。
年会費は5万円前後が平均で、庶民にはなかなか難しい金額です。
ですが、サービス内容は最上級で、ホルダーにはなってみたいと思う内容になっています。
その内容を見ていきましょう。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

MUFG
このカードのおすすめポイントは、年会費2万円とリーズナブルなのに、サービスはやはりプレミアムクラスだということです。
最大の魅力は、20,000円+消費税というプレミアムクラスとしては安い年会費
しかしながら、専任スタッフが会員をサーポートする「プラチナ・コンシェルジュサービス」をはじめ、空港ラウンジ、ホテルやレストランの優待、手厚い保険など、プレミアムカードの条件はしっかりと満たしています。
さらに、120以上の国や地域、400以上の都市で700以上のラウンジをご用意しているプライオリティ・パスが無料で利用で特典として付いてきます。
飲み物やスナックを提供してくれて、インターネットサービスなども用意されていますので、フライト前のひとときをゆったりとくつろぐことができます。
補償・保険サービスや独自の特典も用意されています。
プラチナ会員のみ、海外旅行の出発ならびに帰国の際に利用できる手荷物空港宅配サービスを提供しています。
出発ならびに帰国の際に、カード会員一人につきスーツケース1個を無料で配送してくれます(2個目から有料)。
ショッピング保険(年間限度300万円)や犯罪被害傷害保険(最高1,000万円)など保険は充実しています。
三菱東京UFJ銀行を支払い口座に指定した場合、「スーパー普通預金口座」での同行ATM時間外手数料が優遇適用期間中は無料になります。
外貨キャッシュの購入レートも優遇されるなど、資産管理もサポートしています。
さらに、多岐にわたるポイント優遇サービスを提供しています。
入会初年度はポイント付与1.5倍。海外での利用は2倍、指定記念月2倍、利用金額に応じて翌1年間のショッピング獲得ポイントを優遇する「グローバルPlus」、長期・継続利用で年1回のボーナスポイントが付与されるなど、数多くのポイント優遇サービスを実施しています。
あっという間にポイントが貯まってしまいます。

カード詳細
発行元 三菱UFJニコス
年会費 20,000円+消費税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 グローバルポイント
通常のポイント付与率 海外 1,000円ごとに2ポイント/国内 1,000円ごとに1ポイント
ポイントの有効期限 獲得月から2年間
付帯保険 海外旅行傷害保険=最高1憶円(利用付帯)

楽天ブラックカード

rakuten-brack
このカードのおすすめポイントは、ネットでもトラベルでも強いコストパフォーマンス抜群のブラックカードだということです。
言うまでもなく楽天カードの最上位です。
基本的には招待生で、誰もが持てるわけではありません。
やはり素晴らしいのは、コストパフォーマンスの高さです。
年会費は30,000円+消費税に押さえられているのに、サービス内容はプレミアム系の名に恥じない内容になっています。
プライオリティ・パス」にはもちろん無料で登録することができ、世界中で同伴者2名まで無料で利用することができます。
会員専用の国内宿泊センターが用意されています。
会員専用デスクで、顧客のニーズに合わせた宿泊施設の提案と予約、特別優遇サービスを用意しています。
世界30拠点以上にトラベルデスクがあり、各種予約や手配を代行してくれます。
手荷物宅配サービスも完備し、他のプレミアムカードのように専任のコンシェルジュサービスはありませんが、高い水準のサービスが用意されています。
優遇ポイントでさらに貯まりやすいことも注目ポイントです。
特別指定のキャンペーンで1%加算、毎週火曜日・木曜日は楽天市場の買い物で1%加算、楽天トラベルでオンライン決済をしても1%加算など、楽天スーパーポイントがより貯まりやすい数々の特典が用意され楽天市場・楽天トラベルでお得なクレジットカードです
一般カードに比べると、圧倒的なアドバンテージが発揮できます。

カード詳細
発行元 楽天カード
年会費 30,000円+消費税
国際ブランド MasterCard
ポイントの種類 楽天スーパーポイント
通常のポイント付与率 支払い金額×1%
ポイントの有効期限 最終利用日から1年後の前月末
付帯保険 最高1憶円(自動付帯)
国内旅行傷害保険=最高5000万円(自動付帯)

スターウッドブリファードゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード

spgcard
このカードのおすすめポイントは、SPG系列のホテルであれば、部屋のアップグレードが可能であることです。
スターウッドブリファードゲスト(SPG)とは、シェラトンホテルなど、世界に9つのホテル・ブランドを展開する、スターウッドグループによるメンバーシップ・プログラムです。
SPGアメックスを持てば、SPGの上級ステイタスである、ゴールド会員資格を自動的に得ることができます。
というわけでこのカードは、SPGホテルグループの利用にとても強みを持っています。
SPGゴールド会員は、レイト・チェックアウト、空室状況により部屋のアップグレードなど特典を得ることができます。
カードの利用や宿泊でスターポイントも貯まり、宿泊費用に充てたり、マイルなどに交換することができます。
空港ラウンジ、エアポート送迎、無料ポーターなど、トラベルサポートも手厚く、旅行にたくさん行くのであれば圧倒的な利便性を誇ります。
貯まったスターポイントは、世界約100ヶ国1200軒を超える9つのホテルブランドで、特典除外日なしで、無料宿泊特典に交換できます。
スタンダードルームに空室がある限り、部屋を用意してくれます。2,000スターポイントから無料宿泊特典に交換することができます。

カード詳細
発行元 アメリカン・エキスプレス
年会費 31,000円+消費税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類 スターポイント
通常のポイント付与率 1,000円ごとに1ポイント
ポイントの有効期限 実質無期限(カード利用で1年間更新)
付帯保険 海外旅行傷害保険=最高1憶円(自動付帯)
国内旅行傷害保険=最高5,000万円(利用付帯)

三井住友プラチナカード

mitsui-sumitomoplutinum
このカードのおすすめポイントは、バランスに優れたプレミアムカードの王道的存在であることです。
24時間365日対応のコンシェルジュサービス、国内有名ホテル・旅館での優待とあわせて、部屋もしくは料理をアップグレードする「プラチナズホテル」、6カ月間のカード利用金額が50万円以上だと、その0.5%相当額の三井住友VJAギフトが年2回プレゼントされるなどの特典が用意されています。
グルメやレジャーでも特典が光ります。
海外空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」、名医によるセカンドオピニオン、食の逸品プレゼントなどより好きなサービスをひとつ無料で選択できます。
国内一流レストランで2名以上のコースを利用時に会員1名が無料になる「プラチナグルメクーポン」は、プレミアム系によくあるサービスですね。
宝塚歌劇の優先販売、USJの人気アトラクションの待ち時間を短縮できる「ユニバーサル・エクスプレス®・パス」を、1人につき1日1枚もらえるなど、レジャーでもほかにはないサービスが用意されています。

カード詳細
発行元 三井住友カード
年会費 50,000円+消費税
国際ブランド VISA/MasterCard
ポイントの種類 ワールドプレゼントポイント
通常のポイント付与率 1000円ごとに1ポイント
ポイントの有効期限 獲得月から4年間
付帯保険 海外旅行傷害保険=最高1憶円(自動付帯)
国内旅行傷害保険=最高1憶円(自動付帯)

ANA VISA プラチナプレミアムカード

ana-plutinum
このカードのおすすめポイントは、ANAカードのトップクラスで、マイルの貯まるスピードが断然違うということです。
カード利用1000円で1ポイントのワールドプレゼントポイントが発生しますが、1ポイントを15ANAマイルとして移行することが可能です。
しかも移行手数料は無料なんです。
さらにカード入会・継続時には10,000マイルのボーナス、ANAグループ便の搭乗の度に、通常フライトマイル+区間基本マイレージ+50%が積算されます。
そして、このカードに空港ラウンジサービスの死角はありません。
国内空港の「ANAラウンジ」の無料利用、さらには「プライオリティ・パス」の無料登録も提供しているので、どこへいってもほとんどのラウンジが利用することができるでしょう。
コンシェルジュサービスは当然用意されているので、チケットや旅行の手配も問題ありません。
国内外の旅行商品も優待サービスを受けることができるので、エアライン、レジャー、旅行、グルメなど、あらゆる面でサポートを受けることができます。

カード詳細
発行元 三井住友カード
年会費 80,000円+消費税
国際ブランド VISA
ポイントの種類 ワールドプレゼントポイント
通常のポイント付与率 1,000円ごとに1ポイント
ポイントの有効期限 獲得月から4年間
付帯保険 海外旅行傷害保険=最高1憶円(自動付帯)
国内旅行傷害保険=最高1憶円(自動付帯)

極上のもてなしを受けることができるのがここで紹介したカードです。
ダイナースクラブ プレミアムカード、JCBザ・クラス、そしてクレジットカードの最高峰のアメックス・センチュリオンなど、雲の上の存在で、手を出せるはずがないといわれているのが、ゴールドカードの上の存在である、プレミアムカードです。
一般的には、プラチナ・ブラックカードと呼ばれることが多いです。
年会費が高いのは当然の話ですがコストが気になる人は、プレミアムホルダーになる資格はない・・・・とはいえ、近年は自らの申請で持てるカードも増えてきました。
ここでも、コストパフォーマンスや使い勝手の面から考えて優れたカードを紹介しました。
プレミアムカードの魅力は、24時間365日対応のコンシェルジュサービスが提供されているということです。
ホテル予約や航空チケットの手配など、あらゆる面をサポートしてくれます。
仮にホルダーになったら、こういったサービスは積極的に使っていきたいですね。
私の周りにも何人かホルダーがいますが、ホテルも取らずに遅くまで一緒に飲んでいますので心配しますが、夜中に電話してホテルを取ってもらっています。
とにかく、上質なサービスが売りなんです。
機会があるのであれば、ホルダーにトライしてみたいですね。

楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA