ショッピング保険付き永年無料クレジットカード比較

ショッピング保険(正確には動産総合保険)とは、クレジットカードで購入した商品が破損・盗難または火災などの偶然の事故により損害を受けた際に保障してくれるサービスです。
クレジットカードによってサービス名が違い、保障内容も大きく異なります。
ここではショッピング保険付き永年無料クレジットカードを一覧で紹介していきます。

ショッピング保険比較表
クレジットカード名 購入日からの
保障期間
年間最高
補償額
一事故
あたりの免責
適用条件
jiyu!da!カード 180日間 50万円 3,000円
イオンクレジットサービス発行カード

180日間 50万円 5,000円
セディナカード 180日間 50万円 10,000円
リクルートカード 90日間 100万円 3,000円
Type Select JCBカード 90日間 100万円 10,000円
プラスハッピーUCカード 90日間 100万円 10,000円
JCB EIT 90日間 100万円 海外10,000円
国内3,000円
DCカード Jizile<ジザイル> 90日間 100万円 10,000円
スルガVISAデビットカード 90日間 50万円 5,000円
ToMeCARD 90日間 100万円 3,000円 楽Pay登録期間中
のみ自動付帯
イーバンクカードジョーヌ 90日間 100万円 3,000円 楽Pay登録期間中
のみ自動付帯
楽天カード 90日間 100万円 3,000円 楽Pay登録期間中
のみ自動付帯
ベルメゾンメンバーズカード 90日間 100万円 3,000円 楽Pay登録期間中
のみ自動付帯
JCB発行カード

  • Yahoo! JAPAN JCB Card
  • Arubara<あるばら>カード
90日間 100万円 10,000円 海外利用限定
NTTグループカード(NTT Group Card) 90日間 100万円 10,000円 オンライン利用限定
MSNカード 90日間 100万円 10,000円 オンライン利用限定
BIG ECHO club DAM MEMBERS eLIOカード 365日間 50万円 3,000円 ソニー商品限定

1番利用しやすいのは、jiyu!da!カード・イオンクレジットサービス発行クレジットカード・セディナカードです。
それぞれ免責金額が低く保障期間が約半年と長く、利用条件も特にありません。
さすが流通系クレジットカード会社発行のクレジットカードといったところです。
次に利用しやすいのが、リクルートカード、Type Select JCBカード、JCB EIT、DCカード Jizile<ジザイル>などです。
保障期間と免責金額は先のクレジットカードに劣りますが、同じように利用条件がありません。
他のクレジットカードは、買い物方法に制限があります。状況によって上手に使っていきたいところです。

ショッピング保険には保障対象外の商品があります。
クレジットカードによって違いますが保障対象外の商品はかなり多く、また保障して欲しい物(壊れやすい物・盗まれやすい物)に限って保障対象外になっていたりしますので注意しましよう。
参考までにOMCのショッピング保険の保障対象外商品を載せでおきます。

OMCショッピング保険保障対象外商品

  • 航空券・商品券等あらゆる種類の金券・書類・現金
  • 動物及び植物
  • 自動車・船舶(ヨット・モーターボート及びボート)・自転車・自動二輪車・原付自転車・ハングライダー・サーフボード及びこれらの付属品・登山用具一式
  • 義歯・義肢・メガネ・コンタクトレンズ・ファッショングラス
  • 食料品(酒類を含む)
  • 絵画・美術品・骨董品

他のクレジットカードだともっと保障対象外商品の数が多かったりするので、クレジットカードごとにカードの補償規定を確認する必要があるでしょう。以下のようなトラブルの時に、ショッピング保険が使えます。(全てのクレジットカードの保障対象外商品を確認したわけではありません。)

旅行カバン 旅行カバンが、火災や盗難の被害にあった場合
カメラ 誤って落としてしまった場合
スポーツ用品 スポーツ用品が破損してしまった場合
楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA