海外旅行傷害保険の豆知識

ここではクレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険について記載しています。

意外と知らないクレジットカードの付帯保険
クレジットカードの中には海外旅行保険が付帯するものがあるので、AIUとか普通の旅行保険に入らずに、クレカの付帯保険だけでまかなうのもひとつの手ということでクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険ですが、異なる条件のクレジットカードを複数持っていた場合はどのように適用されるのでしょうか。
ここでは具体例をあげながら紹介していきます。

複数のクレジットカードを持つと補償内容はどうなる?

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険。
死亡・後遺障害や傷害治療・疾病治療費用、なかには遭難や救助に対応しているものもあります。
日本と異なり海外でけがや病気に見舞われると、治療費に100万・200万円以上かかることも当たり前なんです。
付帯保険を持っていないと治療費等を請求されるときになってとんでもないことになります。
そこで気になるのは、複数の海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを持っていた場合です。
果たして、どういった補償が適用されるのでしょうか?
答えは下で紹介しますが、「死亡・後遺障害」の場合は、もっとも高いほうの補償が適用され、それ以外の場合は複数のカードの補償が合算されて、その範囲内で実際の損害額に応じて保険金が支払われます。
たとえば、死亡・後遺障害の場合。
最高1億円と5,000万円のカードを持っていれば、前者の1億円が適用されるということです。
一方、けがや病気だと、300万円と200万円を足した、計500万円が支払い上限になるということです。
ただし、気をつけなければならないのは「異なるカード会社が発行するカードでなければならない」ということです。
同じカード会社同士だとけがや病気の場合に合算することはできません。
また、利用付帯のカードの場合、旅行代金の支払いに利用していないと保険が適用されません。
よって海外に出掛ける際は、必ず複数の海外旅行傷害保険が使えるように準備しておくことが重要です。
このように、複数のカードを使えば最大の補償を受けることができるので、旅行が多い方は、付帯保険にも注目してカードを選ぶようにしましょう。

旅行先で死亡・後遺障害を負った場合
⇒死亡・後遺障害は、最も高い保険金額を限度に保険金が支払われる
Card A
死亡・後遺障害
最高1億円
Card B
死亡・後遺障害
最高5,000万円
×
Card Aの1億円を限度に保険金が支払われる
旅行先で負傷・病気に見舞われた場合
⇒複数の補償が合算され、その範囲内で保険金が支払われる
Card A
傷害治療・疾病治療用
最高300億円
Card B
傷害治療・疾病治療用
最高200万円
300万円(Card A)+200万円(Card B)=
計500万円の範囲内で保険金が支払われる

注意!!

  • 合算するには、異なる発行会社のクレジットカードでなければならない。同じ発行会社のカード同士は合算不可
  • クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険が「自動付帯」ではなく「利用付帯」だった場合は、旅行代金などにそのカードを使っていないと保険が適用されない。

死亡・後遺障害と傷害治療・疾病治療費用どっちが重要?

クレジットカードのCMの中には「死亡・後遺障害」の最高額をクローズアップしてるところも多いですが、最高1億円とかだけみるとすごい補償だと思ってしまいます。
しかし、海外旅行に命をかけてまでは普通いきませんのでここだけ見ても全然意味がありません。
普通に生命保険入っておけば問題ありません。
まずは旅先で病気になったり怪我したときの治療費をなんとかしなければなりません。海外での治療費は異常に高いですからね。
ニューヨークで盲腸手術を受けることになれば、一泊入院で退院しても300万円くらいの請求がきます。

これをカバーするのは「死亡・後遺障害」ではなくて、「疾病治療」とか「傷害治療」の方ですので、ここの数字に注目してクレジットカードを選択していきましょう。

「死亡・後遺障害」はついてるけど「疾病治療・傷害治療」の保険がついてないクレジットカードも結構あるのでちゃんと調べておかないと旅行先で大変なことになってしまいます。
なるべく保険金額が高額のものを複数持っておいたほうが安心できます。

傷害によって死亡したり後遺障害が起きた場合は、複数持っているカードのうち最も金額の高いものを限度として支払われるので、死亡・後遺障害で1億のカードを3枚4枚持っていても意味がありません。

「死亡・後遺障害」以外の場合は複数のカードを持ってると実際かかった費用を上限にどんどん加算されていきますので、複数持つ意味が出てきます。
たとえば傷害・疾病治療費の保険金額200万円というクレジットカードを5枚持ってる人は1000万円まで補償されることになるので、たとえ長期入院で治療費が900万円かかったとしても保険で全額支払うことができます。

こうやって複数のカードの「疾病・傷害治療」を加算していくためには、付帯条件が「自動」でないと使い勝手がよくありません。
「自動付帯」ではなく「利用付帯」という条件のカード(楽天カードなど)もあって、この場合は旅行のために自宅を出発してから日本を出国するまでの公共交通機関(電車とかバスとか)を当該カードで決済するか、あるいはツアー代金を当該カードで事前に決済しておかなければなりません。
それぞれ別のカードを使ったとしても、2枚しか加算できません。
それに対して「自動付帯」の方は、カードの名義人が海外旅行に行きさえすれば無条件で保険が付帯されるので、とにかくカードを所有さえしていれば適用されます。

利用付帯といっても、都心から空港までの交通をカード決済するのがそもそも難しいです。
カード決済できる交通機関て新幹線くらいしかありません。
Suica付きのクレジットカードでSuica決済しても適用されません。
それはクレジットカードで決済したものではなく、チャージしたSuicaで決済してるからです。自家用車で空港まで行く人も適用外。
旅行会社がツアー代金もカード決済をしてくれない場合も適用外、航空券とホテルを自力手配する人にとってはツアー代金というもの自体が存在しません。
利用付帯の条件を満たすのは結構厳しいんです。

死亡・後遺障害の保険金額がめちゃめちゃ高いプラチナカードを一枚だけ持つよりも、自動付帯で疾病・傷害治療費の保険金額がそこそこ高い年会費無料カードを複数持つ方が断然イイわけです。

楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA