コストパフォーマンス&特典に優れたゴールド系クレジットカード その1

ここでは、ゴールド系クレジットカードについて紹介しています。

むかしは、高嶺の花であったゴールドガードですが、最近は付加価値が高い提携ゴールとカードの登場に伴い、ややハードルが下がってきている感じがあります。
ここでは、コストパフォーマンス&特典に優れた”使って得する”ゴールドカードを紹介していきます。

楽天プレミアムカードについて



楽天プレミアムカード



このカードのおすすめポイントは、プライオリティ・パスに無料登録される、旅行好きには最高のカードという点です。
一般加盟店では100円で1ポイント、楽天グループサービスではいつでもポイント2倍、街のポイント加盟店で最大3倍の楽天スーパーポイントが貯まります。
プレミアム会員限定で、誕生月には楽天市場、楽天ブックスの利用で3倍のサービスも提供しています。
カードの種類はライフスタイルに合わせて3種類用意されています。
買い物やカード決済、キャンペーン、毎月特定日のポイントが+1%になる「楽天市場コース」、国内宿泊優待や手荷物宅配サービス(利用上限は年間2回)、カード決済とオンライン決済が+1%になる「トラベルコース」、映画や音楽を存分に楽しむことができる「エンタメコース」から、一つを選択することができます。
年会費10000円+消費税なのにハイクオリティを実現していることもおすすめポイントです。
特筆すべきは、400以上の都市、120以上の国や地域で700カ所以上の空港ラウンジを回数制限なしで無料利用することができる「プライオリティ・パス」に無料で登録できることです(通常年会費は399米ドル)。
ドリンクサービスやインターネットサービスなどを無料で使うことができます。
同じくプライオリティ・パス無料特典付きカードとして、人気を博しているMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20000円+消費税)やセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費220000円+消費税)のわずか半額ですから、かなりのおトク感があります。
あなたが空港利用が多いのなら、とてつもなくお得なカードです。
ラウンジで楽天プレミアムカードと当日航空券もしくは半券をご提示すれば、国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港ラウンジを無料で利用できます。急な出張もでも安心してくつろぎのひとときを過ごすことができます。
世界最大のネットワークを誇るレンタカー会社「Hertzレンタカー」を利用できます。
世界140ヵ国以上、7000もの拠点で、安心で高品質なサービスをお得な料金で利用できます。
現地で楽天プレミアムカード・予約確認書・国際運転免許証・日本の運転免許証を提示し、本カードにてお支払い可能。国内での事前予約が必要です。
さらに、nanacoチャージと「x2(ダブル)ポイントプラスサービス」を活用すれば、ポイント3%還元のポイント還元率最強カードとして使えます。
nanacoチャージでおトクさ爆発!
楽天プレミアムカードは、モバイルSuica、SMART ICOCA、nanacoへのチャージもポイント付与の対象となります。
楽天プレミアムカードでチャージしたうえで電子マネーを利用すると、楽天プレミアムカードからチャージする際に楽天スーパーポイント1%加算+電子マネーで決済する際に電子マネーのポイント0.5~1%加算という具合に、ポイントを2重取りできるので大変お得です。※楽天プレミアムカード(VISA/MasterCard)はnanacoチャージ不可となります。
イチオシはnanacoです。nanacoはセブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめ、nanacoが使えるお店で利用すると、100円につき1P(1円相当)のnanacoポイントが貯まるキャンペーンを継続実施しています。nanacoのポイント還元率(1%)は、他のプリペイド型電子マネー(Edy、モバイルSuica、WAONなど)のポイント還元率(通常0.5%)の2倍となっており、大変おトクです。
たとえば、楽天プレミアムカード(JCB)でnanacoにチャージし、買い物をnanaco払いにする場合、
nanacoチャージで楽天スーパーポイント1%還元+nanaco決済でnanacoポイント1%還元=トータル2%還元となります。
さらに、「x2(ダブル)ポイントクラブ」(登録制/月額100~300円+消費税)に登録しておけば、毎月6のつく日がポイント2倍になります。
たとえば、x2(ダブル)ポイントクラブの1日コース(月額100円+消費税)に登録の場合、毎月26日のカード利用分がポイント2倍になります。その26日にnanacoチャージをすれば、チャージで楽天スーパーポイント2%還元+nanaco決済でnanacoポイント1%=合計3%還元を達成することができます。
ポイント3%還元は、リクルートカードプラス(年会費2000+消費税)と並ぶ最強ポイント還元率となります。
ただし、誕生月に限定でいえば、ライフカードはnanacoチャージ活用で、リクルートカードプラスおよび楽天カードを上回るポイント3.5%還元を達成することができます。
ところで、セブン-イレブンは、払込票(納付書)にバーコードが付いている公共料金や各種税金の収納代行をnanaco払いでも受け付けています。
セブン-イレブンで公共料金をnanacoで支払ってもnanacoポイントはたまりません。ところが、楽天カードならnanacoにチャージする際に、通常1%(×2ポイントクラブサービス対象日は2%)の楽天スーパーポイントが付与されるため、間接的に公共料金や税金払いでも最大2%のポイント還元を得ることができます。
なお、nanacoのチャージ上限は5万円となっています。ところが、セブン-イレブンでは1回の清算で最大5枚までのnanacoカードを同時利用できますから、5万円以上の高額支払の場合、複数枚のnanacoカードやnanacoモバイル(1ケータイのみ)を同時利用して支払うことができます。



<ANAマイラーにもおすすめ>

ana-maile
楽天スーパーポイントは、「2ポイント=1マイル」の高レート、かつ50ポイント以上2ポイント単位でANAマイルに交換できます。しかも、ANAマイルへの移行手数料は無料なうえ、交換申込みから2~3日間でANAマイルの登録が完了します。
一般加盟店では、楽天プレミアムカード利用100円につき1ポイント=0.5マイル相当がたまります。
楽天市場やでは、楽天プレミアムカード利用100円につき通常2ポイント=1マイル相当が貯まります。
さらに、ANAマイレージモールにログインのうえ、ANAマイレージモール経由で楽天市場や楽天トラベルを利用した場合、楽天市場/楽天トラベルでの買い物200円(税抜)ごとに1マイルが直接、ANAマイレージクラブのマイル口座に積算されます。
例えば、ANAマイレージモール経由で楽天市場/楽天トラベルで200円の買い物をし、楽天プレミアムカードで決済した場合、
楽天スーパーポイントが4ポイント(2マイル相当)+1マイル=合計3マイル相当がたまります!
ショッピング200円につき3マイルですから、かなりの高還元です。
ANAマイレージモール経由で楽天ブックスを利用した場合はさらにおトクです!
楽天ブックスでの買い物100円(税抜)ごとに1マイルが直接ANAマイレージクラブのマイル口座に積算されます。
すなわち、ANAマイレージモール経由で楽天ブックスを利用し、楽天プレミアムカードで決済した場合、ショッピング100円につき2マイル相当を獲得できます!
ところで、楽天市場では、2倍~最大10倍のポイント倍付けキャンペーンをつねに実施しています。
楽天市場でのキャンペーンをチェックし、活用すれば、楽天スーパーポイントはガンガンたまります。そうして獲得した楽天スーパーポイントをそっくりそのままANAマイルへ交換できるとすれば、とんでもないスピードでANAマイルがたまることになります。
しかし残念ながら、提携先から交換したポイントならびにキャンペーンなどで獲得した期限付きポイントはANAマイルへは交換できません。
たとえば、毎週末の「楽天カード感謝デー」や「ポン!カン!キャンペーン」、「×2ポイントクラブ」、「お誕生月+1%」で付与されるボーナスポイントは期間限定ポイントとなるため、ANAマイルへは移行できません。
一方、「月2回ポイント優待キャンペーン」(ポイント3倍~10倍)や、ショップが独自に実施しているキャンペーンでのボーナスポイントは通常ポイントとして付与されます!
楽天ポイント加盟店利用でもらえる1~2%のボーナスポイント分も通常ポイントとして付与されます。

カード詳細
発行元 楽天カード
年会費 10,000円+消費税
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ポイントの種類 楽天スーパーポイント
通常のポイント付与率 100円で1ポイント
ポイントの有効期限 最終利用日から1年後の前月末
付帯保険 海外旅行傷害保険=最高5000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険=最高5000万円(自動付帯)



その2に続きます。

楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA