旅行の宿泊でANAマイルを貯める方法

マイルを貯めるというと、フライトやクレジットカードで貯めるという方法がメジャーですが、旅行での宿泊でもマイルを貯めることができてしまいます。

その方法は、マイクロソフト社から独立した世界最大級の旅行予約サイト「エクスペディア(Expedia)」です。


エクスペディアとは

エクスペディアは、1996年にアメリカで開設されたオンライン旅行予約サイトです。
日本国内では、2006年からサイトの運営が行われており、国内外の宿・ホテルや飛行機の最安値を自動的に検索してくれて、かつ予約までを一括で行ってくれて、マイレージサービスとも連携しています。
サイト開設当初、ホテルの予約サイトとしてスタートしたエクスペディアですが、年々発展を遂げ総合旅行予約サイトに進化しています。
現在、エクスペディアで予約できる主な旅行商品は以下の4種類です。

  • 宿泊施設:海外リゾートホテルから国内温泉旅館まで、世界中様々な宿泊施設の予約に対応しています。
  • 航空券:大手航空会社から格安航空会社まで、約100社の航空券予約に対応しています。
  • ツアー:航空券とホテルがセットになった海外ツアー、国内ツアーの予約に対応しています。
  • レンタカー:海外主要都市のレンタカー予約に対応しています。

JTB、HIS、じゃらん、楽天トラベル、一休マーケット、、、例を挙げれば数え切れないほど、沢山の旅行予約サイトが存在します。
そんな競争が激しいオンライン旅行業界の中でも、エクスペディアが年々注目を集めている理由は、他を圧倒する価格です。

最低価格保証制度、割引クーポン、お得なキャンペーンセール、エクスペディアには魅力的な割引特典が沢山用意されています。

エクスペディアを利用したことがない方は、是非一度エクスペディアを利用してみて下さい。快適で格安な旅があなたを待っています!!

ここでは、そんなエクスペディアでマイルを貯める方法を紹介します。
なお、マイルは航空券予約の他、ダイナミックツアー予約でも貯まります。(一部対象外の航空会社や航空券もあります。)


「エクスペディア」の予約方法

  1. エクスペディアのトップページの上部にある「アカウント」を選択

  2. expedia_home

  3. メールアドレスとパスワードを入力しサインイン

  4. expedia_signin

  5. 先ほどの「アカウント」の部分がID名になっていますのでそこを選択

  6. expedia_signin2

  7. プルダウンメニューが開きますのでその中のお客様のアカウントを選択

  8. expedia_account

  9. 個人情報や旅行のご希望、フライト部分のを選択します。

  10. フリークエントフライヤープログラムを選択する。

  11. フリークエントフライヤー番号を入力する。

  12. program

「エクスペディア」でマイルを貯める方法

さて、早速「エクスペディア(Expedia)」でマイル加算のテクニックについてご紹介していきます。

  1. Expedia利用でマイルを直接加算

  2. ExpediaはANAと提携をしています。
    そして提携サービスとして、マイルの直接加算サービスを行っているのです。

    どういうことかというと、宿や飛行機を予約する際に、下記のExpediaリンクから飛ぶとANAマイレージの会員番号を入力する項目が表示されるのですね。 
    ANAマイレージモールを経由してエクスペディア
    ここに自分のANAのマイレージ番号を記載すると200円ごとに1マイルが加算されるという仕組みです。

    1万円の宿を予約すると、50マイル貯まります。
    これだけだとそんなに還元率は良くありませんが、ここから更にマイルを追加加算することができます。

    ここで注意しないといけないのが「たまにExpediaのマイル加算対象外の宿や割引がある」ということです。

    Expediaでは恒常的にセールを行っていて、最安の宿や飛行機を自動的に提案してくれるので、そういったマイル加算対象外のサービスが紛れ込んでいないか、よく確認しましょう。

  3. クレジットカードでマイルを貯める

  4. この方法ではANA VISA SUICAカードを使います。
    このクレジットカードで決済することで、100円で1マイルが加算されます。
    ですので1万円の宿を予約すると100マイル貯まることになります。

    先ほどの紹介した直接加算に加えて、このクレジットカードのマイル加算サービスも合算されますので、通常時の1.5倍のマイルが貯まります。

    上記の方法とは別にダイナースクラブカードを使用すると同じく100円で1ポイントが貯まり、ダイナースクラブポイントモールを経由してから、エクスペディアを利用することでダイナースクラブのポイントも貯まりますので、ポイントの2重取りが可能です。
    時期によっては100円で8ポイントなんていう破格なキャンペーンをやっているときもありますので要チェックです!!

    さらに得するダイナースクラブカードを取得する前に知っておくべき情報!!

  5. Tポイントも貯まるのでこれをマイルに集約

  6. 更にExpediaではダメ押しでマイル加算できます。
    最後はTポイント

    ExpediaはTポイントとも提携をしており、上記の1・2の方法と一緒にTポイントも加算できるようになっています。

    還元率としては200円ごとに1Tポイントが加算されます。
    通常はここでTポイントが加算されるだけで終わりですが、実はTポイントからANAマイルへ交換することが出来ます。
    マイルを貯める前提で動いているので、Tポイントはすべてマイルに交換する前提で考えれば、更にマイルを貯められるということになるわけですね。

    Tポイントからマイルへの還元率は「500ポイント→250マイル」です。
    すなわち「2ポイント→1マイル」の計算です。

    1万円だと50Tポイント、マイルに変換して最終的に25マイルが貯まることになりますね。

    ここで紹介した1~3の方法で1万円の宿泊をしたものを合算すると以下のようになります。

    方法 還元率
    (円/マイル)
    加算マイル数
    Expedia利用でマイルを直接加算 200円/マイル 50マイル
    クレジットカードでマイルを貯める 100円/マイル 100マイル
    Tポイントも貯まるのでこれをマイルに集約 400円/マイル 25マイル
    合計 57円/マイル 175マイル

    1万円で宿泊施設を予約すると175マイルが加算されてしまうのです。
    還元率で言うと 10,000円÷175マイル=57.1円/マイルです。

    普通に同額でANA Visa Suicaカードで宿や飛行機を予約するだけだと還元率は100円/マイルなので、ほぼ2倍の還元率です。

    結論をいうと「マイルを貯めたければ、宿や飛行機の予約はExpediaをフル活用すべし」ということです。

    もしこれが往復20万円の宿+旅券をExpediaで手配した場合、3500マイルも貯まります。
    3500マイルというと、成田〜インド間のマイル数に匹敵します。
    このマイル加算をただ見逃すか、それともExpediaでマイルを貯めるか…それだけの違いです。

    別に損するわけでもなし、積極的に有効活用することをオススメします。


楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA