いまさら聞けない!? 飛行機の航空券、 Eチケット、搭乗券、ボーディングパスの違い

航空券

koukuuken
以前は紙の「航空券」がありました。
利用する航空機の便名や出発時間、予約者名などがかかれた紙のチケットで「チケット」というとこれを指します。
なくすと本当に飛行機に乗れなくなるので、特に海外旅行の時は帰りの航空券をなくさないようにドキドキしたものです。
しかし、航空券を買うと、旅程毎に1枚ずつ綴られ、出発するんだなあという実感が出てきてワクワクしたものです。

Eチケット

ana-int_img01_1106
その後、国際線から航空券の「Eチケット化」がすすみました。
パスポートで本人確認ができれば旅客が航空券を持ち歩く必要はないということで、航空券は航空会社のコンピューターに電子的に保管されることになったのです。
「航空券」の内容が航空会社のパソコンに保存されたチケットなので実体がありません、これが航空券の「Eチケット」化です。
航空会社→予約者もしくは航空会社→旅行代理店→予約者という形でそのデータがメールで送信され、旅客にはその内容を印字した「Eチケット控え」を渡されます。
これは航空券そのものではなく、あくまで「控え」なので、なくしても何回でも再発行してもらえます。
この「Eチケット控え」ですが、最近では携帯電話やスマホの画面に表示させたものを提示したり、Eチケット控えに記載されているバーコードを空港のチェックインマシンにかざしたりしてチェックインすることも可能です。
簡単に言うと航空券の種類のひとつがEチケット(電子航空券=electronic ticket)です。
ですので、航空券の盗難や紛失の心配はなくなったわけです。
航空会社では紙の節約になり、客側も失くしても何度でも印刷が可能ですね。
そういった流れで、国内線でもこの航空券のEチケット化はすすみました。
チェックインでこのEチケット控えと引き換えに「搭乗券」が発行され、搭乗券には搭乗ゲートや座席番号などが記載されています。
ボーディングパス(チケット)はboarding=搭乗、 pass/ticket=券です。搭乗券の英語での言い方です。

搭乗券・ボーディングパス

bordingpass
さて、搭乗当日チェックインをすると、座席番号が印字されたカード「搭乗券」が渡されます。
「ボーディングパス」はこれを英訳したもので意味は一緒です。
「搭乗券」「ボーディングパス」は実際飛行機に乗り込むときの整理券です。
ゲートでその券をスキャンして実際に乗り込んだのか、荷物だけ預けて本人は登場していないのかを最終チェックもします。
この時に搭乗していない人物がいると、テロリストが荷物を預けて自分は乗り込まなかったと判断すると、その人の預けた荷物を貨物室から抜き出し外してから飛び立ちます。
旅客は国内線ならこれを持って保安検査へ、国際線なら保安検査・出国審査へ向かうことになります。
現在では国内線ならマイレージカードや携帯電話を使って保安検査場で座席番号を書いたレシートみたいなのを受け取り(JALでタッチ&ゴー、ANAではスキップサービスと呼ばれているものです)必ずしも航空会社のカウンターに立ち寄る必要がなくなりました。
受託手荷物のない時は非常に便利なもので、航空券のEチケット化がもたらした恩恵と言えるでしょう。
国際線ではパスポートで本人確認が行われるため、基本的にチェックインカウンターでチェックインを行いますが、JALなど出発日が近づくと自分でパスポートの情報を打ち込み、自宅のプリンターで搭乗券(ボーディングパス)を印字して、それを持って空港ではそのまま保安検査・出国審査へ、というサービスも登場しています。

航空機への搭乗も、電子化により便利になっていますが、昔の厚紙の航空券も非常に懐かしいものです。
現在でも希望すれば紙の航空券にしてもらえるみたいですが、手数料が必要だったりします。

楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA