ETCってなに?

ETCってどんなシステムなんでしょうか?
日本語で言うと「電子料金収受システム」といいます。
ここではETCカードを利用するにあたって欠かすことができないETCシステムについて、概要や導入方法、導入後のETCの利用方法について分かりやすく記載していきます。

ETC(電子料金収受システム)とは?

有料道路の渋滞を緩和し、快適に利用するために料金所で車を止めることなく通過させるために開発されたのがETCです。
ETCとはElectronic Toll Collection System(エレクトロニック・トール・コレクション・システム=電子料金収受システム)の事で、車に取り付けたETC車載器と料金所のアンテナが無線で交信することで、料金の自動支払いを行えるシステムで、これにより車は料金所をスムーズに通過することができるようになりました。
料金は、基本的にクレジットカードを利用した後払いが可能になっています。

日本でも以前から高速道路の料金所での慢性的な渋滞に頭を悩ませていました。
そこでアメリカをはじめとする海外で導入されていたシステムを見習い開発を始めました。
1997年3月に小田原厚木道路小田原料金所で業務用の車両を対象に試験運用が実施され、全国では2001年11月末に導入が始まりました。

ETCシステムを利用すると、有料道路の料金所で停止することなく通過できるため、ゴールデンウィークやお盆時期になると当たり前のようにニュースになっていた「○○インターチェンジ付近での渋滞50km」といった渋滞も大分解消されました。

ETCの導入方法

とっても便利なETCシステムですが、導入するにあたってはどういう手続きが必要になるか説明していきます。
まず、ETCシステムを利用するには「ETCカード」取得し、車に「ETC車載器」を取り付けなければなりません。
カードと車載器は別々のもので、ETC車載器を取り付けた車であれば、カードの所有者がどの車にカードを挿入して利用してもETCゲートを通過することができます。
ですので、レンタカーや会社の車・友人に車を借りてもETC車載器さえ搭載されていれば問題なく利用することができます。
ETCカードの申し込み・車載器の購入・車載器のセットアップは、それぞれ別々に行わなければなりません。
手順としては

1.ETCカードの申し込み

クレジットカード会社が発行するETCカードを取得する。

2.車載器の取り付け

自動車販売店やカー用品店などで車載器を購入して取り付ける。

3.セットアップ

登録認可を受けたセットアップ店で車載器に車両情報をインプットしてもらう。

となっている。なお車載器を2台以上の車両で共有することはできませんので注意が必要です。

なおETC車載器取扱店では、すべてまとめて申し込めるところもあります。

手順の1と2は自分で行うことができますが、3のセットアップについては必ず登録認可を受けたお店でないとできません。

ETCの利用方法

ETCカードを取得し、ETC車載器のセットアップが終われば、ETCカードを車載機に挿入すればETCゲートを通過することができるようになります。
ETCカードを持っていれば、自分の車はもちろん、ETC車載器を搭載した車であればどんな車でも利用することが可能です。
たとえば、自分のカードを知人から借りた車やレンタカーの車載器に入れて使用することも出来ます。
ETCは、通信と料金の収受に関する規格が統一されていますので、ETC車載器のメーカーや種類とカード発行会社の組み合わせが問題になることはありません。
また、通行料金はカードの名義人に請求されますので、グループで利用する場合には、「行きの高速道路の料金は○○さん、帰りの分は××さん」というように、カードを差し替えて利用することもできます。
初めて利用するときの注意点は、ETCは高速道路の料金所にETCゲートという専用のゲートがあるので、ここを通過しないとETCカードを使っての決済はできません。
必ずETCと明記されているゲートを通過するようにしてください。
「一般・ETC」と共有ゲートもありますが、これも利用可能です。
そして、ETCゲートには開閉バーが取り付けてあります。
車載器を通じてETCカードの決済をしますので、カードの有効期限が切れていたり、カードを更新しないでいると開閉バーが開かず急ブレーキを踏んで追突されるなどの事故を起こす可能性もあるので注意しましょう。
開閉バーは無線でやり取りしているので、稀に不具合を起こして開かないこともあります。
通過の際には時速20km/hという制限がありますので、ゆっくり通過しましょう。
事故を起こすといいことはありませんよ。

ETCのメリット

ETCシステムを利用するにあたってのメリットといえばやはり「ETC割引」です。
ETC割引には次の3つがあります。

  1. 深夜割引
    • 割引率は最大30%割引
    • ETCが整備されている入口インターチェンジをETC無線通信により走行
    • 0時~4時までの間に対象となる道路を走行
    • ※ETC時間帯割引の適用条件となる日時の判定は入口または出口料金所の通過時刻で判定します。
      ※距離・回数・曜日の制限はありません。
      ※本割引の終了日につきましては、ホームページ等で改めてご案内いたします。
      ※東名上り線東京料金所及び東名阪亀山料金所を流出する車両に対して実施されている深夜割引の前倒し(23時から24時の間の深夜割引適用)は平成26年3月31日をもって終了しています。
      ※東名・東名阪の一部料金所における深夜割引の拡大(休日夜間割引)は平成26年3月31日をもって終了しています。
      ※深夜割引と休日割引の両方の適用条件を満たす走行の場合、割引額の大きいものが適用されます(重複して適用されません)。
      ※深夜割引と平日朝夕割引の両方の適用条件を満たす走行の場合、深夜割引が適用されます(重複して適用されません)。

  2. 休日割引(土日祝日/軽自動車等または普通車限定/地方部限定)
    • 割引率は最大30%割引
    • ETCが整備されている入口インターチェンジをETC無線通信により走行
    • 土日祝日および1月2日、3日の0時~24時までの間に対象道路を走行
    • ※土日祝日とは土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律第3条に定める休日をいいます。

    • 軽自動車等または普通車
    • ※距離・回数の制限はありません。
      ※中型車・大型車・特大車は対象外です。
      ※1ナンバーの車両は中型車以上となりますので対象外です。
      ※4ナンバーの車両は普通車以下となりますので対象です。
      ※普通車でけん引をされる場合は中型車以上となりますので対象外です。
      ※深夜割引と休日割引の両方の適用条件を満たす走行の場合、割引額の大きいものが適用されます(重複して適用されません)。
      ※休日割引と平日朝夕割引の両方の適用条件を満たす走行の場合、休日割引が適用されます(重複して適用されません)。

  3. 平日朝夕割引(後日還元型)
    • ETCが整備されている入口インターチェンジをETC無線通信により走行
    • ETCマイレージサービスに事前登録されたETCクレジットカードまたはETCパーソナルカードを利用した方
    • ※既にETCマイレージサービスに登録をされている方の手続きは不要です
      (平日朝夕割引のための特別な手続きは必要ありません)

    • 祝日を除く月~金曜日の6時~9時までの間または17時~20時までの間に入口または出口料金所を通過
    • ETCマイレージサービスに事前登録されたカードごとに午前・午後それぞれ最初の1回まで(2回目以降は対象外となります)
    • 月に5回以上の対象となる走行をした場合
    • ※深夜割引または休日割引の適用条件を満たす走行の場合、平日朝夕割引は適用されません。
      ※原則として他の個別路線割引と重複して適用されません。

還元率
月毎の利用回数 還元率
5~9回 最大30%
10回以上 最大50%

月ごとの対象走行の利用回数に応じ、対象走行の地方部区間最大100㎞相当分に対して、右の表の通りの還元額(無料走行分)が後日付与されます。
(マイレージポイントではなく、還元額(無料走行分)が直接付与されます)。
※ご走行のうち100kmを超える部分は適用されません (100kmを超える走行の場合は100km相当分について還元されます)。
※大都市近郊区間に適用されません(大都市近郊区間と地方部区間を連続したご利用については、地方部区間最大100㎞相当分について還元されます)。
※通行料金は通常料金となります。
※還元額(無料走行分)での走行も、平日朝夕割引の対象となります。ただし、ETCマイレージポイントは付与されません。

楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA