レジャーに役立つ便利カード、エンタメ系クレジットカード

ここでは、エンタメ系クレジットカードについて紹介しています。

クレジットカードには様々なサービスが付帯していますが、なかでも人気なのは、レジャースポットなどで使用できる優待や特典が付いているものです。
ちょっとしたお出かけやデートで思わぬ力を発揮するカードがあるので、ここで紹介していきます。

横浜インビテーションカード
yokohama-invitation-card
このカードのおすすめポイントは、全国23万件以上の優待サービスを利用できて基本的なサービスもハイレベルなカードだということです。
年会費無料にもかかわらず、最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯する優れもののカードです。
カード利用200円で1ポイントのラブリィポイントが貯まり、1000ポイントを10050円分のJデポなどと交換することができます。
カード利用に応じて最大100%のポイントアップというボーナスもあります。
ショッピングの補償も万全ですので安心です。
国内外を問わず、カードで購入した品物は、購入日から90日間、盗難・破損などの偶発的な事故によって被った損害を年間100万円(1事故につき自己負担3000円)まで補償してくれる「ショッピングプロテクション」が付帯しています。
買い物にまつわるトラブルからも守ってくれるので安心です。
横浜インビテーションカードの会員になると、会員限定の優待サービス「J’sコンシェル」が利用でます。
サービスは、旅、レジャー、ショッピングなど多岐にわたり、優待価格で旅行やエンタメを楽しむことができます。
その数は全国23万件以上を誇り、エンタメライフを広くカバーしてくれます。
カード詳細
発行元:ジャックス
年会費:無料
国際ブランド:VISA/JCB
ポイントの種類:ラブリィポイント
通常のポイント付与率:200円ごとに1ポイント
ポイントの有効期限:2年間
付帯保険:海外旅行傷害保険=最高2000万円(自動付帯)、国内旅行傷害保険=最高1000万円(利用付帯)

ディズニー★JCBカード
disny-jcb-card
このカードのおすすめポイントは、パークチケットや関連施設に使用できる”ディズニーポイント”が貯まるということです。
カード利用200円で1ポイントのディズニーポイントが貯まり、500ポイントに到達すると、1ポイント1円としてディズニーショップや、東京ディズニーランド®・東京ディズニーシー®の買い物や食事に利用することができます。
ディズニーポイントを貯めることができるのはこのカードだけです。
画像にあるように、カードデザインを選択することが可能です。
ミッキーマウスやミニーマウス、ティンカー・ベルなど9種類の異なるカードデザインから選択できます。
一部のカードは本会員と家族会員それぞれ別のカードデザインにすることも可能ですので、夫婦や親子で好きなカードデザインをもめることなく選べますね。
子供がご家族と一緒にディズニーポイントを利用できるディズニー・キッズポイントカードも用意されています(申し込み対象:満6歳以上13歳未満で本会員と生計を同一にする方。発行手数料1000円)。
家族のディズニーポイントをディズニー・キッズポイントカードに振り分けて利用できます。
不定期ですが、期間限定のデザインのカードも登場します。
お気に入りのカードフェイスであれば持つのも楽しくなりますね。
貯まったポイントは豪華な特典と交換することもできます。
ディズニーポイントは食事や買い物に使うだけではなく、東京ディズニーリゾート®パークチケット(大人6400ポイント)、年間パスポート(53000ポイント)、ディズニーホテル宿泊・レストラン優待券(5000ポイント)など、豪華な特典と交換することもできます。
ファンならずとも持ってみたいです。
カード詳細
発行元:JCB
年会費:2000円+消費前(初年度無料)
国際ブランド:JCB
ポイントの種類:ディズニーポイント
通常のポイント付与率:200円ごとに1ポイント
ポイントの有効期限:獲得月から3年間
付帯保険:なし

年間スタジオ・パス・プラス
usj-studio-pass
このカードのおすすめポイントは、たくさんカードを使えば使うほど、USJでスペシャルな体験ができるという点です。
「年間スタジオ・パス・プラス」は、USJの年間パス+三井住友VISAカードのクレジットカード機能を1枚に集約したカードです。
獲得月ごとの合計金額の0.5%がポイント還元されて、次年度の年間パス更新時に、更新価格から1ポイント1円として割り引かれます。
ステージボーナスがほかにないほど魅力的です。
年間のショッピング利用金額に合わせた4つのステージがあり、各ステージごとにボーナスが用意されています。
アトラクションの待ち時間短縮パス「エクスプレス・パス」や、プレミアムパーク貸切イベント、「ステージ33」でのスペシャルパーティ、プライベートパーティへの招待などから、ステージに到達するたび、それぞれ1つのボーナスを選んで利用できます。
プレミアムな体験をしたいのであれば、このカードがそのカギとなります。
カード詳細
発行元:三井住友カード
年会費:1250円+消費前(「マイ・ペイすリボ」の選択、利用で無料)
国際ブランド:VISA
ポイントの種類:年間スタジオ・パス・プラスのポイント
通常のポイント付与率:利用金額の5%
ポイントの有効期限:2年間
付帯保険:なし

シネマイレージ®カードセゾン



このカードのおすすめポイントは、映画を6回見たら1回無料になる、映画好きに必携のカードという点です。
全国展開の映画館「TOHO CHINEMAS」でお得に使えるカードです。
映画を有料で6回見れば、1本の映画へ無料招待されます。さらに、毎週火曜日は会員価格で映画を鑑賞できます。
また、ショッピング利用1000円で1ポイントが有効期限の無い永久不滅ポイントとして貯まり、豪華なアイテムや各種ポイント、JALマイルなどに交換することもできます。
そして、有料で映画を見るとなんとマイルが貯まってしまいます。
<b>本編上映時間1分で1マイルが貯まるんです。
貯まったマイルは、300マイルででオリジナルプレゼントへの応募、1000マイルでポップコーンSサイズ、とリンクSサイズへ交換、6000マイルで1カ月フリーパスポートへ交換することができます。(六本木ヒルズは9000マイル)
年会費ですが、このカードはMasterCardとアメックスがありますが、MasterCardを選択すると初年度無料になります。
しかし、旅行傷害保険が付いていてほしい方はアメックスを選択してください。
たくさんの特典が用意されており、映画が好きな方にはとってもおすすめのカードになります。
発行元:クレディセゾン
年会費:300円+消費前(初年度無料。年間1回以上の利用で次年度無料「MasterCard」)/3000円+消費税「アメリカン・エキスプレス」
国際ブランド:MasterCard/アメリカン・エキスプレス
ポイントの種類:永久不滅ポイント/シネマイレージ®
通常のポイント付与率:1000円で1ポイント/本編上映時間1分で1マイル
ポイントの有効期限:なし/登録年の翌年12月31日
付帯保険:なし/海外旅行傷害保険=最高3000万円(自動付帯)、国内旅行傷害保険=最高3000万円(利用付帯)、ショッピング安心保険

【エポスカード】

epos-card
このカードのおすすめポイントは、カラオケや食事、レジャースポットの特別優待が盛りだくさん用意されているという点です。
基本的には、マルイでお得に使えるマルイのカードです。
一般加盟店では200円で1ポイント、マルイでの買い物だと最大3倍のエポスポイントが貯まります。
400以上のネットショップが集まっている「たまるマーケット」を経由することで、最大39倍のポイントが貯まります。
貯まったポイントは、店舗での割引きなどに使えます。
街や外出先でもお得なことがたくさんあります。
ロイヤルホストの飲食代が10%オフになったり全国の飲食店で割引きや特典、舞台・イベントチケットの優待、カラオケ「シダックス」のルーム料金が30%オフ、富士急ハイランドやハウステンボスなど全国のレジャースポットの優待、旅行予約や出発でポイントアップや特典といったサービスもあります。
これでもかというくらいの数が用意されています。
発行元:【エポスカード】
年会費:無料
国際ブランド:VISA
ポイントの種類:エポスポイント
通常のポイント付与率:1000円で1ポイント
ポイントの有効期限:加算日から2年間
付帯保険:海外旅行傷害保険=最高2000万円(自動付帯)

ここで紹介したカードは、趣味や遊びに大活躍のカードです。
レジャーやエンタメにまつわる優待に特化したカードは意外に多く、ここではお得感が高い、もしくは人気の高いスポットで満足度の高いカードをピックアップしました。
全方位的にお得感が味わえるのは、横浜インビテーションカードと【エポスカード】。ともに年会費無料
でありながら、エンタメ系の特典が充実しているのが大きな特徴です。
ともに海外旅行傷害保険が自動付帯
しています。
場所は限定されますが、他では得られない特典を提供しているのがディズニーJCBカードと年間スタジオ・パス・プラスの2枚です。
東西の2大テーマパークで、絶大な力を発揮することが最大の特徴ですのでよく利用するのであれば必携です。
シネマイレージ®という独自の特典で目を引くのが、シネマイレージ®カードセゾンです。
実質無料で持つことができて、映画を見れば見るほどお得感が増していきます。
映画に関してはほかにも、カード利用や提示で割引きになるケースが多いので、持っているカードが対応しているかどうかチェックしてみてください。

楽天ゴールドカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA